読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日中高生新聞5/21号

5/21付け今週号の「朝日中高生新聞」1-2面に、長めのインタビュー記事「誰もが納得いく選挙は?」が掲載されています。ASAで購入できるようなので、ご関心のある方は、どうぞ入手のうえ、ご覧ください。カラーの顔写真も載っていて、酷薄な笑いを浮か…

『ミクロ入門の入門』雑記3(現状報告)

おかげさまで新刊『ミクロ経済学入門の入門』(岩波新書)の出足が好調でございます。うちの近所の本屋では売り切れていたが、どうやったら再入荷してくれるのか分からない。今日は書店員さんに「ここにあった、みくろけいざいがくの岩波新書の、さ、再入荷…

『ミクロ入門の入門』雑記2(マンガ大賞)

今年の「マンガ大賞」が発表された。わたしは絶対に『アオアシ』というサッカーマンガが一位だと信じていたが、一位は『響』という文芸部マンガであった。『アオアシ』は四位である。ちなみにわたしの『多数決を疑う』は新書大賞の四位なので、四位とは私の…

『ミクロ入門の入門』雑記1(パン食い競争)

新刊『ミクロ経済学入門の入門』が、今日いよいよ発売です。それに伴い、このブログに初めてお越しになる方もいらっしゃると思うので、ここが何なのか簡単に解説します。 ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書) 作者: 坂井豊貴 出版社/メーカー: 岩波書店 発売…

ミクロ経済学入門の入門(岩波新書)

4月21日に岩波新書『ミクロ経済学入門の入門』を公刊します。ヨコ書きの選択肢もありましたが、やはり新書はタテ書きであるべきでしょう。眼球運動はタテのほうがしやすいしな。というわけで、タテ書きでミクロ経済学の新書です。カモン! 岩波書店の「営業…

日比谷カレッジ4/28講演

来たる4月28日(金)の19時から日比谷図書館の「日比谷カレッジ」で講演します。タイトルは『「多数決」を問い直す!―多数決が開けた21世紀のパンドラの箱―』です。定員200名の会場に、すでに90名以上の申し込みをいただいています! 先着順ですの…

肌ツヤのよい話

先日、鏡を見たらやたらと自分の顔の肌ツヤがよい気がした。頬に赤みがさしており、チークを入れたようだ。昨日の撮影のメイクが残っているのかと思ったが、顔を洗っても頬の色味は変わらない。妻には「何か特別な美容をはじめた? 正直に教えて」と言われた…

選挙マルシェ基調講演3/11

本日18時半から公選法の改正を目指すイベント「選挙マルシェ」で、基調講演「多数決を疑う」を行います。会場は、飯田橋の東京ボランティアセンター・市民活動センターAB会議室です。 多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書) 作者: 坂井豊貴 出…

東京マラソン・サブ4達成!

東京マラソンに出走してきた。倍率12倍をくぐりぬけての当選だ。昨晩まで微熱があったが、今朝起きたら引いていた。一年前の横浜マラソンのときもそうだった。知恵熱みたいなものだろうか。最初は体調は悪くなくとも、悪くなったら棄権しよう、あるいは歩…

アロー逝去

ケネス・J・アロー教授が一昨日、享年95歳で亡くなられた。まさに巨星墜つ、である。3月8日に同氏の旧著の翻訳『組織の限界』(村上泰亮 訳)が、ちくま学芸文庫から出版されるが、わたしはそれにささやかな解説を寄せた。できれば解説の末尾に追悼文を…

アロー『組織の限界』ちくま学芸文庫

20世紀を代表する経済書のひとつ、ケネス・J・アロー『組織の限界』(村上泰亮 訳)が、3月に「ちくま学芸文庫」から出版されます。これまで同書の翻訳は岩波書店から出されていましたが、現在は版が途切れていました。私の学者人生において、最も大きな影…

『現代思想』美しいセオリー

青土社『現代思想』特集「美しいセオリー」の4000字原稿の締切が、今日である。昨日から書き始めて、いま先ほど書き終えた。もちろん構想自体は以前から練っていた。何時間か寝かせて、もう一度推敲して、今日の日付のうちに編集部に提出する。正直言って、…

大井ハーフマラソン1/7

大井スポーツの森で開かれた「品川マラソンフェスタ2017 Winter」のハーフマラソンを走ってきた。こんなのに出場しないで家で締め切り仕事を片付けようかとも思ったが、人生のほうが大切である。 1周3kmの周回コースを、7周とちょっと走るコースだ。こ…

三田祭金賞

慶應坂井ゼミの三田論「望ましい三役選出ルールの提案」が、三田祭の論文コンクールで金賞を獲得しました。書いたのは(もちろん)僕でなくてゼミ生です。快挙すぎる。3限の「上級ミクロ」の授業前に教えてもらったので、授業を始めるときに、はしゃいで舞…

「週刊ダイヤモンド」2016年ベスト経済書3位

『決め方の経済学』が、週刊ダイヤモンド(12月26日発売)による「2016年ベスト経済書」の第3位に選出されました。投票してくださった皆さま、どうもありがとうございました。 「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する 作者: 坂井豊貴 …

TBSラジオ12/17「久米宏 ラジオなんですけど」

今日はTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」に電話出演した。公開生放送をするかしないかを決めるリスナー国民投票へのコメントだ。自宅の電話での会話が電波に乗るというのは、不思議な気がするが、慣れてはきた。予定時間の前に、電話の前に座って、…

「決め方」重版御礼

12月は様々な会合だらけでひたすら人と喋っている。今日は『多数決を疑う』の講演をします。場所は千代田区の日本大学経済学部です。 学術講演会のお知らせ|中国・アジア研究センター|研究所・研究センター|日本大学経済学部 多数決を疑う――社会的選択…

直近のメディア掲載・出演など

ここ最近の活動でございます。関心のある方はどうぞです。 11月21日の読売新聞・文化面に、国民投票にかんするロングインタビューが掲載されました。誌面だとカラー写真付きだ! 11月25日に集英社イミダスに「ダフ屋のいないコンサートチケット販売…

読売11/21文化面、よこはま月例マラソン

11月21日の読売新聞・文化面に、長めのインタビュー記事が掲載されました。新聞に顔写真を載せていただくことは、しばしばあるのですが、今回は初のカラーです(喜んでいる)。オンラインの無料版には掲載されていないようです。 んで、もっとまともな配色の…

朝日2面10/30、名古屋アドベンチャーマラソン

遅まきながら、10月30日の朝日新聞・日曜版の2面「憲法を考える」の特集で、『決め方の経済学』の議論とともに、私のインタビューが取り上げられました。 さて、この日は「名古屋アドベンチャーマラソン」というフルマラソンに出ていた。 今年は春に、…

WIRED Vol. 25、よこはま月例マラソン

最近発売された『WIRED』日本版Vol. 25に、読み物「コンドルセの多数決論:あなたにそれを使う覚悟はあるか?」を寄稿しました。 WIREDとコンドルセ(そして僕)の相性はいいぞ(進歩史観なところであろうか)。われながら力作です。 WIRED VOL.25/特集 The …

日経夕刊10/11ノーベル経済学賞

ノーベル経済学賞は、自分がもらえないのはさておき、ほとんど毎年、発表の時間にウェブ中継を見ている。今年は家族とファミレスに行って、一人だけスマホを見ていた。ノーベル賞は、当てる人は当てる(昔、先輩に5年連続で当てた人がいた)。それには経済…

朝日「天声人語」10/10ほか

本日10月10日(月)の朝日新聞「天声人語」に、国民投票に関するわたしの発言が掲載されています。よろしければどうぞです。取材を受けた日の夜、国民投票が和平締結に待ったをかけたコロンビアの大統領にノーベル平和賞が与えられたことを、印象的に覚…

ナッシュ均衡

4人で本を作成している。1人あたり8000字×3本だ。締め切りは9月末。こういうのって、みなさん、締め切り通りに書くものなのか? 多忙な彼らはどうせ間に合わないだろうと思って、完全に放置していた。「誰も間に合わない」がナッシュ均衡になると予…

日経書評9/25「オンラインデートで学ぶ経済学」

日本経済新聞9/25日曜版に、ポール・オイヤー『オンラインデートで学ぶ経済学』(NTT出版)の書評を寄稿しました。「この一冊」に挙げられています。 今日の日経新聞のこの面は、わたしの書評と、土居丈朗教授の「経済論壇から」に櫻川昌哉教授が載ってお…

いろいろ告知

最近のラジオ出演と、告知でございます。 9月12日(月)に文化放送「くにまるジャパン」に出演しました。 『くにまる「多数決を疑う」塾2』 - くにまるジャパン 9月は毎週水曜日にTBSラジオ、荻上チキさんのSession 22のコーナー「NEC WISDOM Square…

東京マラソン当選

2017東京マラソンに当選した。倍率は12.2倍。どうせ当たらねえよと思って、適当に「ハイハイ、申し込むだけ申し込むねー」な感じで申し込んでいたので、当たって超びっくりだ。9月16日(金)にそのメールが届いたのだけれど、最初は何かの間違いかと思った。…

日経書評9/18『決め方の経済学』

今朝は9月の「よこはま月例マラソン」10kmの部に出場してきた。自己計測のタイムは47:45で、先月の川崎月例での47:30に続き順調だ。コンスタントに47分台が出せるようになった感じがする。 このまま今シーズンのどこかでフルを4時間以内に走れないもの…

横浜ブルーライトマラソン9/10

横浜みなとみらいで開催された「横浜ブルーライトマラソン」のハーフに出場してきた。秋のフルに向けての慣らしのつもり。 以下のレポートでは、コースへの不満みたいなことも書くが、もちろん不満ではない。「その条件を楽しむ」みたいな遊びなのだ。で、と…

川崎月例10km(2016年8月)

昨日、目覚めたとき、あまりに涼しかったので「今日の川崎月例ランはシリアスに走ろう」と心に決めた。こういうのは自分で決めているのか、わたしのなかの何か本体が勝手に決めているのか、よく分からない。俺は自分の意志のしもべなのだ。 とにかく心はそう…

文化放送「くにまるジャパン」8/15など

7月末の紀伊國屋でのトークイベントのあと、燃え尽きて、今に至る。そんなわたしの最近のささやかな活動を以下にまとめます。 日経ビジネス「気鋭の経済論点」8/1に寄稿しました。オンラインで読めないのがちょっと残念。 8月15日に文化放送のラジオ番組「く…

紀伊國屋 新宿南店でトークイベント

本日『決め方の経済学』刊行記念の、紀伊國屋 新宿南店でトークイベントを開催します。19:00開始で、40分くらいしゃべります。その後に質疑応答と、希望者がいれば、書店での購入者のかたにサイン会です。入場無料でございます。予約不要。気軽にお越しくだ…

幽体離脱した話

わたしはいわゆるオカルトを信じていない。そのうえで言うのだけれど、幽体離脱したことがある。生きたまま魂だけ抜け出すアレのことだ。深夜、部屋のなかに魂だけ浮かんで、寝ている自分を見下ろすやつ。世の中のどれくらいの人が、それを経験したことがあ…

走れてない話

暑いのでほとんど走っていない。地元の大会に、ほとんど自身の走力の低下の具合を確認するためだけに、出場している。すいません、きわめて凡庸な市民ランナーの、あくまで自己内のことです。 7月は月例横浜(鶴見川)と月例川崎(多摩川)に出たが、両方と…

紀伊国屋7/29トークイベント

7月29日(金)に紀伊国屋・新宿南店で『決め方の経済学』(ダイヤモンド社)刊行記念のトークイベントを開催します。 新宿南店リニューアルに伴い、会場「ふらっとすぽっと」でイベントが開かれるのはこれが最終回になるそうです。せっかく参院選も終わっ…

J-WAVE 7/8と紀伊国屋 7/29

今晩 J-WAVE(FM 81.3)「JAM THE WORLD」に出演いたします。わたしが出るのは20:55-21:20あたりの予定です。六本木ヒルズのスタジオに行く直前まで、その近所でゼミの卒業生が中心でやっている「院生O君の留学壮行会」に出ています。こちらも楽しみです。…

「決め方」の経済学(ダイヤモンド社)とラジオ出演×3

新作『決め方の経済学』(ダイヤモンド社)が本日、発売開始です。それに合わせて新連載(ということにいつの間にかなっている)ダイヤモンドオンラインへの寄稿記事がこちらです。 「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する 作者: 坂井豊…

最近の主な活動まとめ

4月から6月までのメディアと講演活動を、以下にリンク付きでまとめます。なんか忙しいと思っていたら、よく働いていた。忙しくて不義理をした記憶も多いが、謝罪文を『決め方の経済学』のあとがきに書いてある(なので私に不義理された記憶のあるかたは購入…

EU離脱

英国でEUからの離脱をめぐる国民投票が実施された。私はぼんやりと「何だかんだいっても最終的には英国はEUに残留するだろう」と思っていた。開票前には「離脱騒動でポンドが下落したから英国の出版社への支払いが少なくて済む」という知人の冗談を聞いて笑…

周囲の出版ラッシュ

周りの人たちが次々と本を出している。どうしてこの人たちはこんなに書くんだろうと思う。あんまり周りの人が成果を出すと、私がしんどい気がしてくるので、ほどほどにしてほしい。ワークライフバランスはどうなっているんだ。以下、出版日順です。 まずは井…

トランプ大統領(6/28(火)夜 池袋ジュンク堂トークイベント)

6月28日(火)にジュンク堂池袋本店で、岩波新書『18歳からの民主主義』の刊行記念トークイベントに出演します。お題は「アメリカ大統領選にみる多数決の罠」です。19時開場、19時半開演、入場料はドリンク付きで1000円です。まだ残席がありま…

政治思想学会

政治思想学会(於 名古屋大学)に呼んでいただき、「政治思想研究と隣接諸学」セッションに登壇してきた。相変わらず多数決の話をするのだが、コンドルセとルソーの話を軸に据えた。研究大会(政治思想学会) セッションの構成は次のようなものだ。 「シンポ…

たばこが喫いたい話

短期的な締切がひとつもない。いつ以来のことか分からないが、こんなに気が晴れやかなものとは。寄稿した雑誌がふたつ出版された。 まずは朝日新聞出版の「Journalism」六月号。読み手にジャーナリストを意識した「多数決選挙は人々の意思反映が苦手 ――行き…

2015年「義塾賞」、2016年「新書大賞」第4位

今さらながらだが、2015年に職場である慶應義塾から「義塾賞」をいただいた。理由は「マーケットデザインおよび社会的選択理論についての先端的研究」である。 慶應に移籍したのは2011年の4月だった。私は2010年に転職活動をしていて、公募に出願して採用し…

毎日新聞6/16「そこが聞きたい」

6月16日(木)の毎日新聞・朝刊「そこが聞きたい」欄にロングインタビューが掲載されました。11面の上半分が丸ごとそのコーナーです。新聞に小さく載ることはちょくちょくありますが、ここまで大きく場所を使っていただいたのは初めてです。 そのおかげで、…

急激に体調不良になった話

昼食を午後2時ごろ取ることが多い。午前から書き物をしたり、お客さんと喋っていると、それくらいの時間になるのだ。そんな昨日の話。 その日も午後2時ごろ、黒い油の浮いた九州とんこつラーメンを注文した。生ニンニクを入れるか聞かれたので、入れてもら…

日経書評5/15ロス「フー・ゲッツ・ホワット」

日経朝刊にアルヴィン・ロス『フー・ゲッツ・ホワット』(日本経済新聞出版社)の書評を寄せました。巻頭「この一冊」です。かけねなしに内容がよく、しかも面白い本です。わたしの趣味だと、『ヤバい経済学』などの実証ミクロ面白系ベストセラー本より、こ…

岩波新書『18歳からの民主主義』と近況と告知

ひさびさに更新します。仕事と家庭がむちゃくちゃ忙しくて、殺人的というより、過労死しそうな日々を送っております。GWは日中はよく子供と遊んで、疲れさせて早めに寝かせては、夜間にずっと仕事をしている。 私も「選挙って何だ?」で6000字を寄稿し…

横浜マラソン後半

私レベルのへなちょこランナーだと、フルマラソンでは、心肺はきつくない。心肺がきつくなるのは速く走るときであって、フルだと速く走れないからだ。全身疲労は激しいが、息は上がらない。ヒィヒィ言わないぶんシラフでしんどい気もする。 35km 6:46 まだ7…

横浜マラソン中盤

折り返し地点(といっても同じコースを戻るわけではない)からさらに進むと、首都高へ上がる坂が出てきた。これから高速道路を11kmほど走るのだ。 22km 5:27 23km 5:38 24km 5:47 25km 5:54 脚が重くなってきている。キロ6:00を目標にする。 26km 5:53 27km …