日経新聞5/27「活字の海で」

 5月27日の日本経済新聞・朝刊の書評面「活字の海で」のコーナーで、拙著『ミクロ経済学入門の入門』がとりあげられています。わたしの「新書というジャンル」への愛がこもったコメントも載せてくれています。よろしければご覧ください。

 今日はTBSラジオ「久米宏のラジオなんですけど」に出演した。自分ではまだオンエアを聴いておらず、夜に静かに一人で聴くつもりだ。センテンスを短く、テーマを広げないようコンパクトに喋ったつもりだが、上手くいったかよく分からない。コンパクトにし過ぎた、無難に喋り過ぎた気もする。

 帰り道には、色々と「もっと、ああすればよかった」のように思うし、及第点に達しているならそれでよいとも思う。だがむろん何が及第点かは分からないし、及第点ではダメだとも思う。ひとり反省会である。家族と焼肉に行っても、不意に何か思い出して「うわぁー」と軽く叫び頭を抱えたりする。自意識過剰と向上心との境い目がよく分からないが、とりあえずは目の前の焼け過ぎたカルビを早く食うべきであろう。

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)

ミクロ経済学入門の入門 (岩波新書)