読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「週刊ダイヤモンド」2016年ベスト経済書3位

 『決め方の経済学』が、週刊ダイヤモンド(12月26日発売)による「2016年ベスト経済書」の第3位に選出されました。投票してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

 

 さて、相変わらずどうでもいいことを書きますね。地元のマラソン大会は、下は幼稚園から上は80歳くらいまで、幅広い年齢層の参加者がいる。おそらく41歳の自分は、年齢的には参加者の真ん中くらいだと思う。

 少なくとも市民ランナーにとって、長距離走は、誰かに勝つわけでも負けるわけでもなく、他人と比較する競技ではない。そのうえで言うのだが、小学生に負けたくない、と私の心が叫んでいる。

 われながら不思議である。自分の人生で、小学生をライバル視することなど、これまで一度もなかったはずだ。とくに私が学生時代に、海軍兵学校出身の指導教授から一番よく教わったことは「競争相手は同学年の者」である。いかにも早稲田大学らしい、深いような浅いような教えだが、とにかく小学生とは競争しなくてよい。

 でもランの大会で、自分の前を小学生が走っていると、こいつには負けたくないと闘志が沸いてくる。そして大抵の場合、終盤あたりでギリギリ追い越せて、逆転する。終盤での持久力だけは、おじさんのほうが辛うじて上回っているのだ。今から一年後には、私は一歳老いており、この子は一年ぶん成長しているだろうから、そんな逆転はできないだろう。だが今日の時点では被食者を追う捕食者の気分でヒャッハー!

 と、日々を過ごしていたら、風邪を引いてしまった。経験的に、自分はフルマラソン走っても過労しても風邪を引かないが、フルマラソン後に過労すると体をこわす。病院の暗い待合室で長く待っていると、頭のなかに、ちあきなおみ「喝采」のメロディーが流れてくる。暗い待合室 話す人もない私の耳に 私の歌が通り過ぎてゆく。本当に病院の待合室で流したら不吉だが、名曲である。

 あまりに長い待ち時間に、持参していた星野源のエッセイ集『蘇る変態』を読み終えた。この人の本を初めて読んだが、すばらしく文章が上手い。彼のように多方面で才能を開花させることは、巨大な欲望がなければ不可能だろう。

 欲望と時間との折り合いを付けることは大変だ。星野氏は時間をどうやりくりしているのか、この果てにこの人は何者になるのか、ところで時間の優先順位を厳しく付けていると経済モデルの合理的個人みたいになる、などと高熱の頭でぼんやり考えていると診察室から「15ばんの坂井さーん」と呼び出された。 

蘇える変態

蘇える変態