読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎月例10km(2016年8月)

ラン

 昨日、目覚めたとき、あまりに涼しかったので「今日の川崎月例ランはシリアスに走ろう」と心に決めた。こういうのは自分で決めているのか、わたしのなかの何か本体が勝手に決めているのか、よく分からない。俺は自分の意志のしもべなのだ。

 とにかく心はそう決まっていた。そう決まった以上、シリアスにやるだろう。これは具体的には、10kmの自己ベストを47分台で更新すると目指すことだ。

 キロ4:45で10kmを走れば、47分30秒になる。10km走といっても、コースは真っ直ぐというわけではないので、カーブやら斜めの移動やらで、実際には何十・百メートルか多く走る。それを考えると、キロ4:45で10kmのコースを48分未満で走りきるのは、ギリギリ可能か否かのラインだろう。

 気候さえよければ、がんばって4:45を10km続けることは、しんどいだろうけど、無理ではない気がする。というわけで最初に飛ばしたりせずに、ずっと同じ速さのイーブンペースを目指す。ぜんぜん面白みのないストラテジーだが、シリアスさを面白さより優先しているのだ。結果はつぎの通り。

  • 1km  4:47 スタートが混雑したのと、飛ばさなかった
  • 2km  4:39 これで最初の1kmの2秒オーバーをカバー
  • 3km  4:45 ぴったり
  • 4km  4:45 ぴったり
  • 5km  4:50 一瞬、気が抜けた
  • 6km  4:37 気の抜けをカバー
  • 7km  4:41 しんどいが、目標達成できそうな気がすると計算
  • 8km  4:47 つかれてきたが、まあ手堅い走り
  • 9km  4:50 これでも目標達成できそう
  • 10km  4:32 ラストスパート
  • 残余70m  0:17 この残余が今回は少ない、うまくコースを取った
  • 計  47:30 やったぜ!!

 GPS時計によると、平均キロ4:43でこの10kmコースを走った。うーん、初めて試してみたけど、やはりイーブンペースだとタイムがいいのだなあ。

 感激である。 走歴ようやく2年で、川崎月例ランは15回目の出場。自分としては思いがけず、ここまで伸びた。最初のころは「60分切れるかなあ」「いつか50分切りたいなあ」と思っていたし、けっこうなケガもした。徐々にタイムを伸ばして、ついに47:30。しみじみ嬉しい。夏も終わりかけで、もうすぐ新しいシーズン。秋にはハーフとフルに一回ずつ出場する予定。

 帰りに本屋でラン雑誌を買って、ご機嫌で帰宅した。新しいウェアが欲しい。 

Running Style(ランニング・スタイル) 2016年10月号 Vol.91[雑誌]

Running Style(ランニング・スタイル) 2016年10月号 Vol.91[雑誌]