読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月例川崎10km(11月)

 足底のケガから復帰後、月例川崎に出場してきた。これまで10kmの50分切りは、マイ計測なので、そろそろ公式記録がほしい。

 最近開発した坂道ダッシュは「250mを全速力で上がって、ゆっくり下る」を3回やる。かかる時間は全部で15分くらい。ダイエットはしていないが、20分以上は走らねばダイエット効果は無いそうだ。もっと回数を増やしたほうが練習になるのだが、坂道を全速力で走ると非常にしんどいので、やりたくないし、冬の夜は寒い。本当は走らないのが一番である。

 そんなこんなで坂道ダッシュ導入後の10kmマイ計測は以下の通りであった。

  •   1km  4:13 早い人たちについていった
  •   2km  4:47 失速し始めた
  •   3km  4:54 失速が止まった
  •   4km  4:58 安定走行
  •   5km  5:07 油断してたら5分台
  •   6km  5:02 ペースを少し早めに戻して
  •   7km  5:05 ああ戻らない
  •   8km  4:57 戻ってきた
  •   9km  4:56 安定走行
  • 10km  4:39 ラストスパート
  •   残余  0:17
  • 合計  48:54

 おお、まさかの48分台。記録更新である(公式には48:56)。これはおそらく坂道トレーニングのおかげだろう。一年前の今頃は、膝を傷めまくって酷い状態だったが、ついにここまで来れたのかと感慨深い。それにしても膝やら足裏やら色々ケガをしたが、本当にランは身体に悪い。

 ランも筋トレと同様で、短時間に高負荷をかけたほうが運動能力は高まるのではなかろうか。自重トレよりマシンを使ったほうが効率よいのと同じではないか。すいません素人の個人的な意見です。

 シューズがだんだん傷んできた。今シーズンを乗り切れるのか、心もとない。寒くなってきた。10kmならすぐ終わるが、フルを走るなら防寒用品が必要になるのではないか。私は昨年の夏からランをはじめて、秋に膝を傷めてしまい、その冬はあまり走れなかった。真冬のフルとは、完全に未知の世界である。

 走ると体温が上がるので、薄着でも構わない。しかし、もし薄着で脚が止まると、体温が下がって大変なことになる。しかし厚着だと走りにくいし、ウェアのなかで汗がこもると水になるので冷えてまずい。本当は、走らないのがベストなのだ。だが走るならば、セカンドベストとして適度な防寒対策が必要なのだろう。スポーツ用品店にGoである。【続く】

 

 今日は日経の「年末エコノミスト懇親会」に参加してきました。色々な方とお話しできて、とても楽しかったです。ご挨拶したい人、会いたい人にまとめてお会いできるので、大変ありがたいです。安倍首相と黒田総裁をはじめて生で拝見したのと、お寿司がおいしかったのが印象的でございました。